ズボラでも痩せる!マネするだけでダイエットに繋がる12の習慣

当ページのリンクには広告が含まれています。
3週間でリセット完了! ズボラでも痩せる生活習慣12
  • URLをコピーしました!

痩せる人がやっている12の生活習慣をご存知ですか?

これからご紹介するのは年齢関係なく、どんな人でも実践することで健康的に痩せることができる12の習慣を説明していきます♪イベントや食事会などが重なった後のリセットはこれで大丈夫◎

こんな人のお悩み解決
  • 健康的な体作りを目指したい人
  • 体が重くてメンタルも下向きな人
  • 筋トレは続かない…でも痩せたい人
  • ダイエットは何から始めたらいいのかわからない
  • ダイエット始めたけど我慢できなくて食べちゃう
この記事を書いている人

プロフィール

みかんご/30代主婦

自身の体験記事や便利を発信♪
ズボラさんでもできる
健康づくりなどの役立ちについて発信中!
毎日コツコツゆるくがモットー

目次

【結論】短期間で増えた体重も生活習慣を意識して実行するだけでスッキリボディに

お正月太りや、イベントなどで短期間で増えた体重は水分と老廃物(便)なので、2週間以内にリセットをすることで元に体重に戻すことができるんです。

年末年始で忘年会や新年会と食事の機会が増えたりと楽しい反面、体重増加を目にした時はショックなことにメンタルも下がり気味になりますが、生活習慣整えるだけで痩せやすい身体、健康的な体へと変えていけます。

みかんご

気持ちを切り替えてデトックスに集中しよう!

痩せる人が実践!12つの習慣で痩せ体質へ

痩せている人は体質ではなく、日々の食事や生活習慣に気をつけて生活している方がほとんど。

年齢など関係なく、やった分だけ成果が実感できるのでこれからご紹介する痩せる習慣を意識してすっきりボディを目指していきましょう!

:朝起きたら白湯を飲もう

  • 白湯で基礎代謝が上がり
    脂肪燃焼効果がUP
  • 内臓の動きが活性化し
    利尿作用や便秘改善のデトックス効果
  • 温かい水分は空腹感を抑え
    食べ過ぎ防止に効果的
みかんご

白湯+レモン汁で飲みやすくなってビタミンも◎♪

その2:朝にタンパク質をとる

実は、朝にタンパク質を摂るとその日の食欲(間食)が抑えられる効果があります。
研究結果でも効果は実証されていて、結果的に摂取カロリーが抑えられるという素晴らしいな効果♪

また、タンパク質にはセロトニン(幸せホルモン)を作るアミノ酸が含まれているので意欲向上に繋がルト共に、セロトニンはメラトニンに変わるので質の良い睡眠をとることができます。

みかんご

朝にプロテイン1杯取り入れるだけでも効果的だよ♪

\ ホエイ&ソイのオススメプロテイン /

その3:飲み物は糖のないもの

ドリンクはお茶、水、ブラックコーヒーなど砂糖が入っていない飲み物を選びましょう。
ジュースや甘い飲み物には沢山の砂糖が使われていて気づかない間に多く摂取し、肥満の原因に。
糖類を多く摂ることで血糖値の上昇し、体内に残った糖は中性脂肪にも変化してしまいます。

また、コーヒーの場合はカフェインの過剰摂取に気をつけながら摂ると脂肪燃焼にも効果的です

みかんご

沢山飲むならお水が一番オススメ!

その4:間食はしない。食べるならヘルシーを意識

ダイエットといえば間食が大敵。
”ちょっとだけならOK”という甘い誘惑にもカロリーが高いものを選んでしまったら消費カロリーよりも摂取カロリーが増えて”痩せないダイエットに”

どうしても抑えられない間食はヘルシーなおやつを選びましょう◎

ダイエット中におすすめな間食

  • ナッツ
  • 和菓子
  • プロテイン
  • ドライフルーツ
  • 梅干しや梅昆布
  • さつまいも(100g)
みかんご

間食に選ぶものは糖質や脂質の低いものを選ぶと◎ナッツ類は6粒くらいいに抑えよう!

その5:階段を意識して使う

普段、エスカレーターやエレベーターのしている方は、階段を使用することによって足全体の筋肉が使われるため足痩せに効果的
お尻や太ももを鍛えることで基礎代謝が上がり燃焼効果もUP♪
ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれていて、体全体の血流を良くするポンプの働きもあります。

みかんご

女性に多い冷え性はこれで良くなるよ♪

その6:食事は野菜から食べる

ダイエットを成功させる秘訣として、食べる順番を意識することも重要です。
野菜から食べることで血糖値の上昇を防ぎ、肥満の予防に繋げていきます。

食物繊維→タンパク質→炭水化物の順で食べることで糖の吸収をゆっくりに◎

また、野菜に含まれるカリウムはデトックスを促してくれます。

みかんご

食べ順ダイエットも同じ効果だよ♪

その7:脂質は控える

油=脂質=カロリー

ジャンクフードや脂の多いものは必然と高カロリーになりがちです。
また、脂質は糖質と同時に摂ると脂肪に変わりやすく、ダイエットを意識場合は脂質30g以下を意識することがポイント

調理に使う油にも注意!クッキングシートやアルミホイルを敷くと油を使わなくても調理ができますよ♪

脂質の少ない食材

  • 野菜
  • 豆腐や豆製品
  • 白米やせんべい
みかんご

間食のおやつは団子や和菓子などもオススメ!

その8:よく噛んでゆっくり食べる

よく噛み、ゆっくり食べることで脳に満腹中水が刺激されて食の満足度がUP
こんにゃくや大根、ごぼうなど噛みごたえのある食材のチョイスがオススメ。
食事の時間に余裕を持たせる工夫をしたり、よく噛むレシピにすると◎

咀嚼効果でお口の中に唾液が行きたわり、健康への促進もしてくれます♪

みかんご

スープ系は野菜具沢山にしてみよう♪

その9:食事は寝る3時間前までに

消化されていない状態で寝てしまうと脂肪蓄積の原因に。また、満腹感が残ったまま横になると寝ている状態で消化活動をすることになり睡眠の質の低下、翌朝の倦怠感や目覚めが悪くなったりと生活習慣の乱れに繋がります。

食事は早めに済ませて早く寝ることで空腹もカバーできます。

みかんご

仕事などで食事時間が遅くなりがちな人は夕方のちょっとした時間に脂質の低い軽食、寝る前のプロテインも摂ると食事管理しやすいよ◎

その10:スキマ時間に宅トレやストレッチをする

ダイエットには運動が必要不可欠と言われていますが、ガッツリと行う必要はありません。
お腹周りを絞る有酸素運動10分やダイエット細胞が集まっているといわれる肩甲骨ストレッチを5分やるだけでも体はスッキリしてきます。

痩せ習慣を3週間継続してくると見た目の変化も出てくるので積極的にストレッチをしていきましょう♪

みかんご

私のオススメは竹脇まりなさんの宅トレ動画がモチベアップになるのでオススメ◎

その11:お風呂はゆっくり湯船に

湯船に浸かることで体が温まり、基礎代謝もUPします。湯船で体を温める習慣がつくと体温もあがり免疫向上とともに、汗をかくことで体の内側に溜まった老廃物が排出され浮腫改善とデトックスに効果的。
オススメの温度として
40〜41度の湯船に15〜20分ほどゆっくり浸かるのが理想とされています

汗をかくことで新陳代謝が活性化され、美肌効果ももたらしてくれますよ◎

\ 半身浴にオススメの入浴剤 /

みかんご

汗かきエステは毎日使えるからオススメだよ♪

その12:睡眠は7時間以上とること

睡眠不足はダイエットの大敵。
睡眠不足になると交感神経が優位になり、食欲を増進させるホルモンであるグレリンの分泌量が増えます。食欲を抑えるホルモンが不足してしまうことで食欲が増加し、食べ過ぎにつながる原因に。

みかんご

寝不足は基礎代謝低下に。睡眠の妨げになるので寝る前はスマホは触らないのがポイントだよ!

まとめ

いかがでしたか?
短期間で増えてしまった体重は主に水分と老廃物(便)なので、溜めてしまった分は2週間以内にリセットするように意識することで増加する前の体型に戻すことが可能です。

さらには痩せる習慣を日々取り入れていくことで太りにくい体、痩せやすい身体作りへと変化していき免疫力が上がりセロトニン効果でメンタル面も安定してくるので是非意識して取り入れていきましょう♪

\ ダイエット豆知識紹介中 /

応援お願いします♪

FC2ランキング

人気ブログランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次